ウミイチゴ 葉山 権太郎岩沖 Bellonella rubra

葉山の沖合いに、岩と砂が混じった一帯がある。
ここは、潮通しが良いせいか、トサカなどのソフトコーラルがたくさん付いている。
暗い海の中でボーっと浮き上がる彼女たちの姿は実に幽玄な雰囲気を醸し出す。
大好きな場所でマッタリと生き物探しをするのはとても楽しいことだ。



d0175710_23524354.jpg

ウミイチゴという。
イチゴ色に白のフサフサ。
たしかに、海イチゴだ。
刺胞動物門花虫綱ウミトサカ目ウミトサカ科に属する。
いわゆるソフトコーラルと呼ばれるサンゴの仲間で、動物なのだ。
白い花のようなものがポリプと呼ばれるサンゴ虫の個体で、これが集まってウミイチゴを形成している。(群体)
サンゴ虫はいつもは引っ込んでいるが、潮が動くと餌となるプランクトンが流れてくるので、ムクムクと起き出しては食べる。
また、明るいところは嫌いなようで海の暗い日の方が元気な姿を見かける。
実に綺麗な生き物で、いつも見とれてしまう。



d0175710_2353837.jpg

先ほど、「彼女たち」と書いたが、実は男だったようだ。
海の中で笑ってしまって、マスクに水が入った。
綺麗なウミイチゴのイメージが壊れた日。
[PR]

by 1colorbeach | 2011-05-27 23:54 | 刺胞動物 (25)