ゴンズイ 葉山 権太郎岩 Plotosus lineatus Thunberg, 1787

d0175710_19532555.jpg

海に棲むナマズの仲間である。
ゴンズイ。
特徴は、茶褐色の体に頭から尾にかけての黄色いラインが4本。
そして、ヒゲ。
フェロモンの影響で、特に幼魚の時代はこのような群れを作り、”ゴンズイ玉”と呼ばれる。
この魚、背鰭と胸鰭に毒があり、刺されるとかなり痛むそうである。
しかも、死んでも毒はしばらく効力があるそうで、うかつに堤防などに捨てておくと他の人が誤って触ったり踏んだりして大怪我をする危険性もある。

d0175710_19534938.jpg

学生時代、西伊豆で夜の投げ釣りをした。
この時、ゴンズイの入れ食いで、それも30cm近いでかいのばかりだった。
こんなんばっかだ、と刺されないように針を外してリリースした。
宿の親父さんに話したら、味噌汁で食べたら美味いので持って来れば良かったのにと言われた。

昨年も、真鶴の漁港で、おじいさんの漁師が器用に棘を外しながらゴンズイを捌いているのを見た。
煮て食べると脂があって美味いよぉと言っていた。
惜しいことをした。

先週、葉山の沖の大きな岩の下を覗いたら、物凄い数のゴンズイに遭遇した。
数百はいたと思う。
それも、どれも20cmを越えるような大物がライトに照らされウジャウジヤと泳いでいた。
生唾が出たのは言うまでもない。

なお、この魚は、クリーニングをするので、たまにダイバーにスーッと寄ってくることがある。
でかいと、それはそれは怖い。
[PR]

by 1colorbeach | 2011-02-27 19:56 | 魚 (88)