イセエビ 

葉山権太郎岩 Panulirus japonicus


イセエビだ。
でも、書くとするなら「伊勢海老」の方がお正月みたいだし豪華で好きなのだが。

d0175710_23381632.jpg

岩の隙間に潜んでいる。
普段は夜行性。
ここは、権太郎岩の水深3mだ。
いつ来ても、大抵ここには数尾が必ず潜んでいる。
うーん、誰もこんな浅いところにイセエビがゴロゴロといるとは思わないだろうな。
葉山にはイセエビが群れて潜んでいる場所が多く、他に、葉山トンネルの中にも、たくさんいるときがある。

ずっと以前、南伊豆は中木のヒリゾでモリを持って素潜りをしていて、岩の間にでかいイセエビを見つけた。
当時は、あまりうるさいことも言われなかったので、何度も潜ってこれを掻き出そうと試みた。
苦戦し敗北に終わった。
下手をすると、ひげを切ったり、クシャグシャに潰しかねない。
そうなると、あっという間にベラなどが群がる。
こんな美味いもんをベラに食わせる手はない。

岩に入ったイセエビは絶対に出てこさせることはできないよ、と民宿のおじさんに言われた。
でも、夜行けば、穴から山ほど出てきてあちこち散歩していると。
きっと葉山の夜の海もそうに違いない。
今年こそ、ぜひ夜に潜ってみたいものだ。
もちろん、伊勢海老を撮りに行くのだ。

d0175710_23383024.jpg

これは、若いイセエビ。
イセエビの子供は大抵岩の小さな穴の中に潜んでいる。
しかし、すぐに見つかる。
なぜなら、穴の口から長い触角が覗いているのだ。

子供の頃はピンクがかって可愛い。
[PR]

by 1colorbeach | 2011-02-01 23:41 | 甲殻類 (61)