ヒメギンポ

葉山 権太郎岩 Springerichthys bapturus

d0175710_22532662.jpg

ヒメギンポのカップルである。
葉山の水深10m程度の岩肌などによく付いているのを見かける。
本州から九州に欠けて分布する。

オスは婚姻色バリバリでやる気十分だ。
積極的にメスに近づいては周りを廻ったり重なったりして、産卵を促す。
メスが産卵するとすかさずオスが放精をする。
よくコントロールが出来るものだ。
見習わなければ。

d0175710_2227971.jpg

どこかに良い男はいないかなと。
お眼めパッチリで、なかなか魅力的なメスだ。
まだ、頭はそんなに黒くない。

d0175710_22272982.jpg

産卵期になるとオスもメスも婚姻色が顕著となる。
これがメスのアップ。
頭部が黒っぽくなり、全体として濃い目の色になる。

d0175710_22272040.jpg

これがオス。
頭部と尾鰭が真っ黒になる。
体全体はオレンジ色っぽくなる。

産卵の時期は、水温の下がる秋から春にかけてだ。
ヒメギンポのカップルの愛の交歓をじっくり楽しめる季節となった。
ヒヒヒと笑いながら、じっくり観察したいと思う。
今年もまた葉山に出歯亀現る。
[PR]

by 1colorbeach | 2011-01-10 22:56 | 魚 (88)