ベニカエルアンコウ 葉山 170度の根 方面 

昨日、朝着いてみると権太郎岩に大きな波しぶきがかかっている。
海面は時折サーフィンサイズの波が。
何だよ、北西1mから北東2mの風だっていう予報のはずジャン…
と思ったが、西か南西がビューンっと吹いている。
ジッと海を見つめる。
権太郎方面はダメだこりゃ。
本日は、甲殻類が大好きでいつも同定をお願いしている方とご一緒だ。
新種のエビを撮影する予定だったが残念なことに断念した。
せめて一本でも潜れればと、ウネリの中の左170度の根方面へ。

d0175710_20181584.jpg

で、ベニカエルアンコウかよ。
という結果だ。
ぜんぜん紅色じゃないじゃん、と言われそうだ。
背中の斑紋が紅なのである。
これが大きな特徴だ。
また、背鰭第二棘が細い棒状である。

d0175710_20235268.jpg

この通り、顔つきはカエルアンコウの中では、可愛いほうだ。
今年葉山では、ザ・カエルアンコウイロカエルアンコウと3種類見た。
後は、クマドリだ。
オオモンはいないだろうな。
先入観はいけないが。
幸運にも秋以降潜るたびにカエルを見つけているが、実は、それほどカエルに愛があるわけではない。

d0175710_20185753.jpg

手前の腹鰭?も歩くには便利だ。
再認識。
見慣れた魚も良く見るといろんなことに気付くもんだ。
だから止められない。

結果、ユビワアケウス…多分葉山初か…、ヤワラガニの仲間、その他ヤドカリ各種などの甲殻類は見ることが出来た。
エビは次回。
当然、オーソリティはカエルにはまったく興味を示さなかった。



d0175710_20352453.jpg

昼飯は、「魚佐」。
上から左に向かって、
シマアジ、マグロ中トロ、ヒラメ、タチウオ(炙り)、マダコ、ブリ、サワラ(炙り)。
素晴らしいの一言。
シマアジの旨みと脂の乗り、サワラの甘みと脂の乗り…。
やっぱ、ダイビングより食い気か。
車でなければ…一杯呑りたい…。
[PR]

by 1colorbeach | 2010-12-19 20:52 | 魚 (88)