カエルアンコウ 葉山 権太郎岩 Antennarius striatus

英名は、Frogfish…
カエルウオというと日本では磯に棲む別のもっと可愛い魚になってしまうので、カエルアンコウか。

もともとはイザリウオと呼ばれていた。
が、イザリ(躄)という言葉が差別用語だとして、2007年に和名が変更された。
イザリとは、立つことなく上半身を起こして脚以外の部所を使って移動する状態又は人のことである。
その言葉が、足の不自由な人のことを蔑視しているということのようだ。
イザリの意味を知っている人は少ないとは思う。
是非論はともかくとして、僕だって、”短い”という言葉には不快であるしひどく傷つくのだ。
何が?と突っ込まないでね。
足の長さなのだ。

d0175710_833328.jpg

ご覧の通り何がなんだか分からない姿である。
擬装上手というのだろうか。
乞食というのだろうか。

葉山の権太郎岩周り水深10mの砂と岩の混じった所を泳いでいたら、カワハギの仲間であるアオサハギを見つけた。
何か、底にあるものを突こうとしている。
よく見ると白いゴカイのようなものがヒラヒラとしていた。
しかし、僕が近づいたためかアオサハギは逃げてしまった。
で、動きの面白いゴカイを見ていたら、クルクルっと裏の茶色の部分を見せて丸まってしまった。
そして、この子がいた。

このゴカイというのは、実は写真のカエルアンコウの目の上に丸まっているエスカと呼ばれる疑似餌状の器官である。
彼は、これを上手に躍らせて、餌だと思って近づいてくる魚をパクッと食べてしまうのである。
誤解であった。

泳ぎが下手で動きのトロイ魚であるのだが、この餌を食べる時の瞬発力はアッという間である。
さすが、食うことに関しては僕と争うくらい真剣である。

d0175710_835229.jpg

アンコウ目に属する魚だけあって、確かにアンコウによく似ている。
この口は餌を食べるときに、通常時の10倍以上も大きく開くという。
ぜひ一度、捕食シーンを見てみたいものだ。

この子は、鎌倉辺りでは”モクギョ”と呼ばれていると聞いたことがある。
木魚?
以前、伊勢エビの刺し網にかかった15cmくらいの重量感あふれる丸々としたカエルアンコウを漁師さんからもらったことがある。
確かに木魚だった。
トロイからといって、ポクポク叩いたりお手玉にして遊んではいけない。
海にそっと放してあげた。
漁師は、食わないんだなあ。

d0175710_841047.jpg

じゃ、ちゃんとした分かるカエルアンコウ。
昨日葉山の浅瀬で見つけた。
水深4m。

d0175710_842619.jpg

カエルアンコウの特徴として、口の上にエスカの付け根のイボみたいのがあること。
ヒレがギザギザなことかな。
これならカエルアンコウだと見分けられる。
ちなみに、エスカは目の上で丸まっている。
[PR]

by 1colorbeach | 2010-11-21 08:09 | 魚 (89)